北中植物商店(旧モリノナカ)のブログ

北中植物商店(旧モリノナカ)北中祐介のブログ。

 2018年10月23日 

現在、東急百貨店 吉祥寺店(1階)にて「北中植物商店」 pop-up SHOP をオープンしています。 庭づくりや植木の剪定などに関する冊子と、 これまで施工させて頂いたお庭の写真の パネルも(ほんの少しだけですが)展示続きを読む

平屋建ての素敵な新築のお宅

 

新しい新築のお庭の完成です。

平屋建てのモダンな建物は建築家の金子金也さんの設計です。

都心の下町の方なので周りはビルで囲まれているために、

例えば窓のサイズを一回り小さくして、

部屋からの目線を下に向けさせるなどの工夫が沢山されています。

また、建物と庭の高低差をなくす工夫もされた設計ですので

庭と建物がより一体となった空間が生まれます。

庭を設計する上で、建物の設計の意図をしっかりと汲み取らないと

意味のない空間になってしまいます。

庭と建物が一体となる(「庭屋一如」)

設計の元で仕事をさせて頂けることに喜びを感じて庭づくりを進めました。

 

 

 

 

また、細かく紹介できたらと思います。

棚田の景色を模したY邸のお庭

 

主庭

施工前の土地の形状は庭の奥へ行くほど高く盛られていました。

お施主様も一番心配していた、その土をどうするか。

というところから始まった今回の庭づくりですが、

起伏を活かすことによって、自然の景色に近づけることが出来るので

この土地の形状を活かして設計しました。

 

〜家から奥へ行くほど地面が高くなって行く形状とは?〜

僕の好きな棚田の景色です。日本の原風景をお手本に棚田の石積みを

下から見上げるような姿を想像しました。

積まれた石の緩やかな曲線のラインが、もう一方の自然の起伏に据えられた景石に

つながっていきます。

 

 

植栽は、雑木林の代表格であるコナラを中心に、紅葉や花を楽しめる樹木を配置しました。

石は、岐阜県や長野県の山石で、時間が経てばどんどん味わいが出ます。

また、地面の起伏もしっかりと踏み固めて仕上げていますので水を打つことでこれもまた

時間が経つと苔がのって味わいが出ます。

 

お施主様は早速ホースを購入されて、出勤前に水を打つのが日課となっている様子で

とても嬉しく思います。

 

使用樹木

コナラ・ソロ・ヤマコウバシ・ジューンベリー・キブシ・シラカシ・コメツガ・ノリウツギ

シロヤマブキ・ヒメウツギ・アセビ・ベニシダ・オニヤブソテツ・クサソテツ・ヒガンバナ

ヤマシャクヤク・シラン・セキショウ・リュウノヒゲなど

 2018年2月18日 

お施主様である設計士さんの意向もあって、 こちらのお宅はコンクリート平板を使用した テラスの周りに コナラやシラカシ等の樹木を配した雑木のお庭です。 部屋が土間打ちとなっていることから部屋から庭へとの繋がりを意識していま続きを読む

 2018年2月14日 

新築のお宅です。 道路との境界のウッドフェンス。 フェンスの下の土留めには透水石という 苔がのりやすく時間が経つと味が出る板石と、 気良石という自然石のコバ積みです。 旦那様の趣味が家庭菜園を楽しむことなので 道路(外部続きを読む

 2018年2月13日 

昨年、2017年も沢山の方々にお世話になりました。 こちらのブログで、細かく紹介出来なかったので、いくつか写真と共に振り返ることに致します。

 2016年12月14日 

今年のうちにお庭の剪定作業とお掃除をして、お正月を迎えて頂けたら という、業界では「冬の手入れ」と言いますが、現在、我が社でも 真っ只中を迎えております。 ・ 温暖化の影響なのか、年々紅葉が遅れていて、本来ならこの時期に続きを読む

 2016年12月1日 

北中植物商店で手掛けさせて頂いた青梅のお庭のご紹介です。 先月の紅葉の時期に手入れなどの作業を行なってきました。 奥多摩へと続く山々に囲まれた自然豊かな最高の環境です。 ・ ・ 自然に囲まれた土地であるがゆえ、この地域の続きを読む

 2016年10月4日 

歴史ある庭の専門誌「庭 NIWA」2016秋号に北中祐介が手がけた庭を掲載して頂いております。 ・ ・ 日陰があるお庭で、 植栽で印象を明るく変えるお庭の特集です。 ・ ・ . また、夏号で北中植物商店の特集をして頂いた続きを読む