日陰と雑木の庭

東京都三鷹市の北中植物商店の施工事例。

植栽で印象を明るく変える日陰の庭。

日照が限られたスペースでも白い花や斑入りの下草で脇を彩れば、明るい印象を与える小道となります。


主な構造物:
木製パーゴラ、枕木とレンガの小道、川砂利三和土、木製低フェンス


使用樹木:
高木類:エゴノキ、カツラ、ヤマボウシ、サルスベリ
低木類:シロヤマブキ、ヒメウツギ、常葉ガマズミ、カラタチバナ、モッコウバラ、屋久島バラ、クレマチスアーマンディーなど
下草類:ベニシダ、ミスキャンタス、リュウノヒゲ、ハラン、クリスマスローズ、カラタチバナ

この記事を書いた人

北中 祐介

1978年生まれ。三重県伊賀市出身。
フロッグステラ(横浜市青葉区)に勤務後、石正園(西東京市)にて6年間の修行を経て、2012年4月独立。以後、北中植物商店(旧モリノナカ)を立ち上げ、東京都内を中心に住宅庭園設計・施工・管理を行う。