小さなスペースの雑木の庭

東京都武蔵野市の北中植物商店の施工事例。

狭いスペースでも雑木を使った自然の空間はつくれます。
部屋から眺めて、縁側に腰掛けて季節の移り変わりを感じられる主庭。

玄関へと続くアプローチは、毎日の生活を優先しながら季節を感じられるように。

自転車置場は、自然の景色が損なわれない統一感を大切に設計しました。


主な構造物:
縁側、ウッドフェンス、流れ、川砂利洗い出し(アプローチ)石畳(自転車置場)


使用樹木:
高木類:コナラ、クヌギ、シラカシ、エゴノキ、ヤマモミジ、オトコヨウゾメ、アブラチャン、ミツバツツジなど
低木類:シロヤマブキ、ヒメウツギ、バイカウツギ、西洋カマツカ、ビナンカズラなど
下草類:ベニシダ、ヤブコウジ、セキショウ、リュウノヒゲ、フユノハナワラビなど

この記事を書いた人

北中 祐介

1978年生まれ。三重県伊賀市出身。
フロッグステラ(横浜市青葉区)に勤務後、石正園(西東京市)にて6年間の修行を経て、2012年4月独立。以後、北中植物商店(旧モリノナカ)を立ち上げ、東京都内を中心に住宅庭園設計・施工・管理を行う。