和風建築と雑木の庭

神奈川県横浜市の北中植物商店の施工事例。

建物のリフォームに伴って手掛けさせて頂いたお庭です。
テラスの敷石や水鉢は元々のお庭で使われていたものを再利用しています。また、雑木の庭に合う既存の樹木も移植や剪定を行った上でいかしています。

大きく切られた窓によって居間からの眺めも大きく意識しています。

庭の真ん中を流れる「小川」と古い水鉢を使用した「湧水」の景色が生活に潤いを与えます。


主な構造物:
土間三和土、御影石テラス、御影石水鉢の湧水、流れ、ウッドフェンス


使用樹木:
高木類:コナラ、ヤマモミジ、コバノトネリコ、ツリバナ、カキ、ヤマコウバシ、サワラ、エゴノキなど
低木類:アセビ、ヒメウツギ、シロヤマブキ、アナベル、ノリウツギなど
下草類:ベニシダ、クマザサ、セキショウ、リュウノヒゲ、ホトトギス、シュウメイギク、ギボウシ、ハラン、タマリュウなど

この記事を書いた人

北中 祐介

1978年生まれ。三重県伊賀市出身。
フロッグステラ(横浜市青葉区)に勤務後、石正園(西東京市)にて6年間の修行を経て、2012年4月独立。以後、北中植物商店(旧モリノナカ)を立ち上げ、東京都内を中心に住宅庭園設計・施工・管理を行う。